忍者ブログ
黒ずみだってなんのその
  カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  フリーエリア
  最新コメント
[12/24 某女帝]
[08/23 らっちん]
[08/13 某女帝]
[07/01 らっちん]
[06/30 めざし]
  最新記事
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
らっちん
性別:
非公開
自己紹介:
Name らっちん
Class Wizard
Level 52
Status CON16 WIS18 INT18+2

Name 衣玖
Class Dragon Knight
Level 53
Status STR19+3
  バーコード
  ブログ内検索
  カウンター
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
2017/04/29 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/07/22 (Wed)
だんだん蒸し暑くなってきて
セミの声もわずらわしく
夏本番って感じがしてきました。

夕方にはヒグラシの声も聞こえます。
ヒグラシの声は結構好きです。
なんとも落ち着く綺麗な声ですよね。


最近暑さが増してきたので、ちょっと自分の身の回りに
起きた涼しくなる話を書いてみます。

苦手な人の為にワンクッション置きますね。
大した話ではないのですが・・・w

知ってる人も居るかもしれませんが
自分かなりの動物好きで、ペットを飼っています。
猫、犬、熱帯魚と種類はそれほど多くはありませんけど
今日は熱帯魚の話をしましょうか。

自分の家には水槽が3つあります。
ネオンテトラや綺麗な水草など自然を目で見て楽しむための
レイアウト中心の水槽

ピラニアが7匹泳いでいる
食物連鎖を楽しむ水槽(なんか悪趣味ですねw
まあピラニアを愛でる水槽です。

よくピラニアは人食い魚とか言われ
獰猛で凶暴な魚と思われがちですが
実は彼らは驚くほど臆病なんですよ・。・
単独で飼育すると
ほぼ水槽の隅っこに行って出てこないです。
だから我が家では群れで飼育してます。
でもかわいいんですよ!
飼育も意外と簡単ですし!オススメ!
ただ共食いの危険性があるので
空腹にはしないこと!

話が脱線してますね・。・

因みにもう一個は現在使用されていませんlol
あ、別にいわく付き水槽とかそんなんじゃありませんw
ただ使う機会が無いだけでry
ビオトープちっくなこともやりたいので計画中です。

で、本題に戻りますと
前述のレイアウト水槽とピラニア水槽には
流木を入れてるんですが
使ってない流木はベランダにまとめて放置してるんです。
暗がりに置いとくとカビだのキノコだのが
生えてきそうなのでなんとなくです。
そしてまた模様替え時に使う・・・てな感じです。
なのでたまーに水ですすいだりしてます。

そうして流木をすすいでいる時にちょっと流木に
おかしなものが付着していることに気づきました。
大きさは大体にして1cmちょっと?
まあ小指の第一間接程度の長方形
色は濃いあずき色で、しかしよく見ると
ただの長方形ではない。
なんというか、周りを縁取るように
小さな突起がぷつぷつと・・・
それを引っ掛けて流木にひっついている感じです。
大きい上に見た目も悪いので爪でひっかいて取ろうとしたら


ゾクッ!

コレは触っちゃいけないものだな、と本能が反応したのか
指で剥ぎ取るのはやめて、ホースの口を指で潰して
水圧で落とすことにしました。
(今思うと何で指で取ろうとしたんでしょうねw)

はがれないなーと思って水をかけ続けること約1分
ついにポロッと流木から剥がれ落ちる謎の物体
あ、落ちた落ちたと思いついでに排水溝まで流そうと
放水続行、グイグイ謎の物体を押していきます。

そしてしばらく調子良く水圧で流していたんですが
壁に謎の物体が当たってしまい
放水をもろに受け続ける形に
するとぺりりっと表皮のようなものが剥がれ・・・






中からミミズがゾワワワッ





全身が一気に粟立ちました。
じっくりは数えていないので覚えてないですが
おっきいやつが大体4~5匹は出てきたと思います・・・
どうやらあの謎の物体はミミズの卵だったようですねlol
いかにしてコレだけの量が
あの小さな箱に収まっていたのでしょうか
想像したくないですね・・・
その後は卵のようなものもミミズも排水溝まで流しました(ぉ


後日ミミズは卵生なのかどうかについて
調べてみたんですが、どうやらミミズは
卵を産みそこから生まれる、というのは合ってました。

しかし




ミミズの卵はあんなに

巨大ではありませんでした。





それに生まれたてのミミズは白っぽく、
成体とは違いかなり小さかったです
卵の周りに爪のような突起物もありませんし
何より色も形も違います。
一体アレはなんだったのでしょうか・・・
本当にミミズの卵で片付けてよかった物なのでしょうか。






でもでも熱帯魚を飼育する上で頻繁に
ミミズが誕生したりはしないので安心してください。
こんな事件があった今でも
魚たちはかわいくてたまりません。
皆さんも良かったらアクアリウム始めませんか?^-^*
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *